わきがを少しでも抑えるためにやるべきこと

自分の脇が臭いと気づいたのは、小学校三年生くらいの事だったと思います。
同じクラスでいつも仲良くしている女の子に「○○ちゃんからラーメンみたいな匂いがする~」と言われたのが体臭を気にするようになったきっかけでした。

まだ小さい年齢だったので「わきが」で嫌われたり悪口を言われたりする事はなく、そのお友達も私を傷つけたいのではなく、思ったことを口にしたのだと思います。

家に帰り、母に「友達から変な匂いがするって言われた」と伝えると、「それは【わきが】というんだよ。お母さんもそうだから遺伝しちゃったんだね、ごめんね。」と言われました。
それからは自分の体臭というものにかなり気をつけるようになりました。

汗をかいたらすぐに洋服を着替える。拭き取り式のシートでこまめにわきの汗を拭く。
中学生頃になると、様々な制汗スプレーを試し、匂いを撃退するものを中心に色々と購入していました。

様々なものを試してきましたが、私が一番匂わなくなった方法は、脇をデオドラントシートでしっかりと拭き取りさらさらな状態にしてから、塗るタイプの制汗剤をつけ、スプレータイプの制汗剤を仕上げに吹きかけるというものでした。

また、お風呂に入った際に少し強めに脇をこするようにして洗っています。
こうすることで匂いがかなり軽減し、何度か夏を迎えていますが家族にも友達にも匂うと言われたことはありません。

わきがはしっかりと対策する事で、私はかなり症状を抑えることが出来ています。